ベトナムが上場事業会社に対する外人持ち株制限を撤廃します。

これまで外国人投資家は上場企業の発行済み株式数の49%までしか取得できませんでした。しかし今後は一気に100%までOKになります。但し銀行株はこの措置から除外されます。

実施は8月中旬の見込みです。

外人持ち株制限の上限の引き上げは、ずっと懸案でした。その意味では遅すぎる改革と言えるでしょう。大方の市場関係者は上限が60%に引き上げられると見ていたので、いきなり完全撤廃されることはポジティブ・サプライズです。

ベトナムはGDP成長が2011年以来、最も高くなる(+5.6%)と見込まれている事、インフレが鎮静化しつつあること、経常収支が黒字化したことなど、新興国の中では優等生的な経済のファンダメンタルズを誇っています。

しかし株式市場はずっと低迷してきました。したがって今回の発表は相場の起爆剤になると思います。

ベトナムに投資するいちばん簡単なやり方はニューヨーク市場に上場されているマーケット・ベクトル・ベトナムETF(ティッカーシンボル:VNM)を買うやり方です。これだとベトナム市場をまるごと買うことが出来ます。

vnm