ルーブルがたいへんなコトになっています。

これまでの経緯を詳しく知らない人も多いと思いますので、今日はロシアのこれまでの歩みを振り返ってみたいと思います。

ロシアは昔、ソ連と呼ばれ、そこでは計画経済が実施されていました。1957年から1987年までの30年間、ソ連は、所謂、5カ年計画に基づいて運営されてきました。

そこではゴスプラン(国家計画委員会)が全国レベルでの生産目標を立て、それに基づきコルホーズ、ソホーズなどの下部組織が地方レベルで各々生産目標を立ててゆきます。

この計画の実施の為に約70の政府機関が設置され、素材から完成品まで、あらゆるレベルで生産が監督・監視されました。

資源や人材の配分は政府が決定し、価格はあくまでも帳簿上の記録の為に存在し、西側の市場経済のように物価が資源や人材の配分を自然に決定するということはありませんでした。

政府は需給関係ではなく、政治的配慮からものの値段を決めてゆきました。例えばパンや電灯光熱費は、実際にそれらを生産するコストより低く価格が設定されました。この為、穀物よりも最終製品であるパンの方が安いので、農家が家畜に飼料ではなくパンを与えるということも平気で行なわれていました。

そういう非効率に加えて労働者のモチベーションを維持するのが困難であったこと、さらに価値の分配に際していちいち監督・監視しなければいけないので経済の間接部門が肥大化したことなどが、徐々にソ連の計画経済を活力の無いものにしました。

1985年に書記長に就任したミハイル・ゴルバチェフは、こうした現状に限界を感じ、ペレストロイカ(政治および経済の改革)、グラスノスチ(情報の公開)などの改革を提唱し、沈滞するソ連経済の梃入れを試みます。

伸び悩みながらも比較的安定的に推移していたロシアの原油生産が90年代の前半に突然、つるべ落としに激減するという事態が起きました。アゼルバイジャン地方の政情が不安定になり、油田のメンテナンスに必要な機器の供給が滞ったりしたことが状況を一層悪くし、1988年のピークから1995年にかけてロシアの原油生産は実に40%近く落ち込みました。

1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所の大事故もソ連の求心力を弱める結果となり、1989年11月にはベルリンの壁が崩壊、ソ連邦に属していた国々は続々と連邦を離脱します。

1991年8月には一連の改革に反対する共産党の保守派が画策したクーデターが起こります。つい2ヶ月前にロシアの大統領に選出されたボリス・エリツィンはモスクワの議会を取り囲んだ戦車の上によじ登り、クーデターが違法であるという演説をしました。この時は民主主義を望む国民の感情の機微をエリツィンが鋭く察知し、危機一髪で改革を救った格好になったわけです。

しかし、1991年頃のロシア経済は大変差し迫った状況にあり、砂糖、ミルク、食肉などあらゆる食料品、そして生活必需品が店頭から消えました。エリツィン大統領は状況打開の為に大きな博打を打つ決心を固め、経済学者のガイダールを副首相に任命し、市場経済への移行のプランを全て一任します。
続きを読む