クリスマスです。マーケットも閑古鳥です。家人が未だ寝静まっている間に、アフォな妄想を一人で膨らませています。

それはカナダのバンクーバーから北に上った、ブリティッシュ・コロンビア州キティマットに西部劇に出て来るようなサルーンを開業してはどうか?という唐突なアイデアです。

そう考える理由は福島原発事故以来エスカレートする日本、韓国、中国などによる天然ガス争奪戦の「漁夫の利」を得て、この町が将来、ブームタウンになることが運命付けられているからです。

説明します。

今日、アメリカの大手石油会社、シェブロン(ティッカー・シンボル:CVX)が、カナダの石油会社、エンカナ(ティッカー・シンボル:ECA)ならびに米国のEOGリソーセズ(ティッカー・シンボル:EOG)からブリティッシュ・コロンビア州のシェールガスの権益を譲り受けました。ウォールストリート・ジャーナルはシェブロンが支払った金額は13億米ドル程度だろうと推測しています。

このディールによりシェブロンは同じくアメリカの独立系石油会社、アパッチ(ティッカー・シンボル:APA)と共同でブリティッシュ・コロンビア州のシェールガス開発を進めてゆくことになります。シェールガスの探索生産は主にアパッチが担当して、それの輸送ならびにマーケティングはシェブロンが担当することになるそうです。(このプロジェクトは、たぶん「KLNG」という名称だと思います)

アパッチが生産したシェールガスはパイプラインでブリティッシュ・コロンビア州の港町、キティマットに送られ、そこでLNG(液化天然ガス)にされて、極東に向けて輸出されるという計画です。

今日の発表では、単にシェールガスならびにパイプラインなど付帯施設の権益がエンカナ、EOGからシェブロンへ肩替わっただけですけど、これは業界関係者にとっては大きな意味を持ちます。なぜならエンカナやEOGはプロスペクター(石油や天然ガスの探索をするひと=つまり言葉は悪いけど、山師)としての性格が強く、一方、シェブロンは川下、とりわけLNGのグローバル・マーケティングでは実績を持っているからです。
続きを読む