キャメコ(ティッカーシンボル:CCJ)は世界最大のウランの生産者です。

同社はカナダのサスカチュワン州にウラン鉱山を所有しており、世界のウランの14%を生産しています。また確認埋蔵量は4.65億ポンドで、当分の間、掘り尽くす心配はありません。

ウランの長期契約価格は中国やインドなどの新興国経済が急発展した2003年から2008年にかけて、ポンド当り10.75ドルから一気に95ドルまで急騰しました。

しかしその後、BRICsの成長が一巡したことで59ドルまで下がり、そこで一旦、安定したかに見えました。

しかし2011年3月に東日本大震災が襲い、原発が休止すると再び価格が下がり始めました。

現在は長期契約価格が50ドル、スポット価格が35.4ドルで、どうやら下げ止まった様子を見せています。

2続きを読む