シンガポールの大手銀行、DBSグループが2011年第4四半期ならびに2011年通年の決算説明会を開催しました。

全般としては良い方向に向かっています。

まず2011年通年の純利益は30.35億シンガポール・ドルで、2010年の実績を+15%上回りました。


純金利収入は48.25億シンガポール・ドルで前年比+12%でした。

費用比率は43%でした。

資産内容の改善を受けて引当金は前年比-21%の7.2億シンガポール・ドルでした。

純金利マージンは香港の預金コスト増とシンガポールの金利低下の挟み撃ちでじりじり減少しています。
1

続きを読む