オーストラリア準備銀行(RBA)がサプライズの利下げを実施しました。

政策金利はこれまでの3.00%から2.75%になります。

これで2011年11月以来の利下げは合計7回となります。

オーストラリア経済は資源の輸出を通じて中国経済と密接に関係しています。その中国では不動産価格抑制政策が採られているために建設セクターを中心にぐずぐずした景気となっています。

下は中国の製造業購買担当者指数です。

8

このため鉄鉱石をはじめとするオーストラリアの鉱山セクターもいまひとつパッとしません。

RBAが利下げに踏み切れたひとつの理由は(これは世界の他の地域にも共通することですが)インフレが鎮静化しているためです。オーストラリアの第一四半期の消費者物価指数は2.5%でした。
続きを読む