外資系企業に転職する際の面接のノウハウについて考えてみたいと思います。

そうは言っても僕は転職コンサルタントではないので、あくまでも自分の限られた経験から話すことになります。だからこれが「正解」というわけではないし、他にもいろいろなシチュエーションが当然あると思います。

【志望動機や自分の長所について予め準備しておくことは有効か?】
通常、日本の企業の面接では志望動機を語り、自分の長所を述べる事ができるよう準備すると思います。

外資の場合、それらも大切ですが、もっと踏み込んだ質問で斬り込まれると覚悟すべきでしょう。

たとえば僕の面接では次のような事が起こりました。

【いきなり「オレに株をセールスしてみろ!」】
僕は1980年代の後半に日本の証券会社に勤めていたのですが、ある事情から急いでニューヨークに働き口を探す必要が出ました。
続きを読む