世間一般の人に「アメリカで最も尊敬される銀行家は?」と聞くと「JPモルガンにきまっているだろ」という返事が返って来ます。でもウォール街の投資銀行マンに聞くと「それはアレキサンダー・ハミルトンだね」という認識で一致しています。

アレキサンダー・ハミルトンは「米国建国の父(The Founding Fathers)」のうちのひとりです。また初代の財務長官を務めた人でもあります。さらにアメリカ合衆国憲法の「補足部分」として、実質的に「準憲法」と見做されている「ザ・フェデラリスト・ペーパーズ(The Federalist Papers)」の主執筆者でもあります。

さらに米国の首都を、それまでのニューヨークからワシントンDCに移すという、トーマス・ジェファーソンとの密約を結んだ張本人でもあります。

トーマス・ジェファーソンは商業や銀行取引を薄汚いものだと見做し、政治はビジネスから切り離されるべきだと考えたのです。そして自分の出身地に近い、牧歌的な新天地、ワシントンDCの「けがれの無い」環境に新都を移す夢をもっていました。

アレキサンダー・ハミルトンは、アメリカ経済が未だ90%農業から成り立っていた当時、既に金融立国というビジョンを持っており、「政治は、金融センターとしてのニューヨークの発展にとって、邪魔だ」と考えます。

これが有名なジェファーソンとハミルトンの取引です。

またハミルトンは米国財務省証券を考案した人でもあります。おまけに彼はバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(ティッカーシンボル:BK)の創業者でもあります。

さて、そのハミルトンはカリブ海の小島、ニーヴィスに私生児として生まれます。母は売春婦、父は誰だかわからないけど、たぶんそこいらへんの船乗りという生い立ちです。

貿易会社の帳簿係の職を得ると、抜きん出た商才を示し、地元の後押しで、キングス・カレッジ(現在のコロンビア大学)へ奨学生として進みます。ところが彼はイギリスの圧政を目にし、アジ演説をして、学生義勇軍を組織し、独立運動を煽ってゆくわけです。
続きを読む