バンク・オブ・タイランド(タイ中銀)が金曜日に「インフレ・レポート」を発表しました。

その中でタイ中銀はこれまでの2011年のGDP成長予想4.1%をカットし、2.6%としました。

これはとても大きな下方修正です。

タイランドの経済が鈍化すると見られる原因はこのところの洪水が農業セクターのみでなく製造業にも悪影響を及ぼしているからです。

タイ中銀の新しい予想(2.6%)は年末までに洪水が収拾すると仮定した数字です。2012年に関しては災害復旧絡みの投資を見込んで4.1%としています。

現在のタイの政策金利は3.5%ですがタイ中銀は目先の景気のリスクはダウンサイドの方が強いと考えているため場合によっては近々利下げが実施される可能性もあります。

【チャート】
タイETF iShares MSCI Thailand Index Fund(ティッカー:THD)
thd