フィリピンのニノイ・アキノ国際空港から近いマニラ湾沿いにソレイユ・リゾート&カジノがオープンしました。

同リゾートはフィリピン市場(PSE)に上場しているブルームベリー・リゾーツ(シンボルBLOOM)の旗艦プロジェクトです。客室数は500室、カジノのフロア面積は1.85万平方メートル、ギャンブリング・テーブル数は300、スロットマシン1,200基です。

ソレイユはエンターティメント・シティと呼ばれるこの地区に開業予定のカジノの第一号で、今年中に二番目のカジノ、ザ・ベルグランデがオープンする予定です。

3

ザ・ベルグランデはフィリピンの不動産王、施至成(Henry Sy)率いるSMインベストメンツとマカオのメルコクラウン(NASDAQティッカー:MPEL)のジョイントベンチャーです。

さらにマレーシアのリゾート企業、ゲンティンのリゾーツ・ワールド、ならびに日本のユニバーサル・エンターティメントが計画中のマニラ・ベイ・リゾーツが競争に加わる予定です。

以前書いたようにフィリピンは「アジアの奇跡」から取り残され、長い間、低迷していました。マニラは経済の疲弊を反映して、ゴミの散乱する、くたびれた都市に成り下がってしまいました。
続きを読む