フェイスブック(ティッカー・シンボル:FB)の株価がいまひとつ冴えません。

1

去年の年末から勢いよく上昇した局面があったのですが、1月に高値をつけて以来、軟調に推移しています。

1月に同社株がピークをつけ、暗転した背景にはモバイルへの移行が広告単価のプレッシャーにつながるのではないか? という懸念がありました。売上高に占めるモバイル比率が高まれば高まるほど、業績が圧迫されるというわけです。

2012年第4四半期の広告売上高に占めるモバイル比率は23%でした。2013年第1四半期にはこれが30%に上昇しました。

つまりフェイスブックのモバイルのマネタイゼーションは、予想より上手く進んでいるのです。

しかし株価の方は5月2日の決算発表以降も冴えませんでした。その理由は今回の決算ではEPSが市場予想を下回ったからです。

フェイスブックのような上場して間もない企業の場合、毎期の決算発表でEPS、売上高、ガイダンスのそれぞれの面で市場予想を上回る必要があります(なおフェイスブックはガイダンスを出さない方針です)

つまりフェイスブックは、この「鉄の掟」を破ってしまったのです。

バリューラインはフェイスブックの業績を下のように予想しています。

2

【略号の読み方】
DPS一株当り配当
EPS一株当り利益
CFPS一株当りキャッシュフロー
SPS一株当り売上高


なおフェイスブックは未だ配当を払っていないのでDPSの欄はゼロです。

バリューラインはフェイスブックのマージンが下のように推移すると予想しています。

3

つまりフェイスブックは1990年代のドットコム・ブームの当時のような「利益の無い会社」ではないということです。
続きを読む