最近、「反転授業」が話題になっているので、僕の家族の経験を紹介します。

【反転授業とは】
「反転授業」とは、これまでの「学校で先生の講義を聞き、家で宿題をやる」という授業のスタイルを逆転させ、「予め先生が録画した授業の動画を生徒が家で視聴し、学校では練習問題を解き、間違った箇所の個人指導を受ける」やり方を指します。

【そもそも反転授業が必要になった事情】
アメリカの高校にはホームルームはありません。ちょうど日本の大学のスタイルと同じで、生徒が自分の受講する授業から授業へと部屋を移動してゆきます。だからアメリカの学園モノの映画を見ると、終業のベルが鳴るとドッと生徒が教室から廊下に出て、芋の子を洗うような混雑をすり抜け、次のクラスへ向かうという光景が見られるわけです。

このように、生徒が授業を選ぶ方式にする理由は「全員が同じペースで学習してゆく」という価値観が、アメリカでは希薄だからです。

アメリカの高校にはAPクラスというものが存在します。APとはAdvanced Placementの略で、大学の一般教養レベルの授業を高校で履修できることを指します。つまり優秀な生徒なら、高校の授業のレベルが低く、退屈してしまう前に、どんどん先に進んでも良いという考え方からきているのです。

APコースを履修し、APテストという修了認定試験に合格すれば、90%以上の大学がその一般教養科目の単位を「取得済み」として認めてくれます。

またAPコースは普通の通信簿の評定より高い評価が得られるので、GPA(Grade Point Average)の得点をかさ上げ出来ます。日本の「優・良・可」とか5段階評価に相当するものでA~Fのグレードがあります。

A=4
B=3
C=2
D=1
F=0

高校4年間の通信簿の点数を全部合計し、平均点を出したものがGPAになるわけです。すると、日本で言う「オール5」は、アメリカのGPAでは4.0になります。

しかし、一例としてカリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)の2013年の入学者の平均GPAは4.29でした。するとみんな「満点以上のスコア」を取っていることになるわけです。
続きを読む