「えーっ! マジでそんなに儲かるのかよ?」

全ては、そんな単純なオドロキからはじまりました。

英語の新聞記事を読んでいてキンドル・ダイレクト・パブリッシング(略してKDP)で本を出し、それが結構、売れている人の事を読んだのが、自己出版をやってみようと思い立った理由です。

普通、自分で本を出版すると出版費用が「持ち出し」になるので、自費出版と呼ばれます。

でもKDPの場合、本当に費用がかからないので、「自費」というのは正確じゃありません。敢えて自己出版と上に表現したのは、そのためです。

その記事で僕の目が特に吸い寄せられた部分というのはロイヤリティー(本を売った値段のうち、著者の収入になる部分)が70%という点です。

(するとだぞ……)

と、すぐにカネ勘定がはじまるところが、僕の悪いクセ。

仮に一千冊売れれば、ザックリ言って2,000ドルだよね……これって、「趣味の創作」で稼げるおカネとしては、悪くないじゃん?

まあ、そういう軽~いノリで、全てが始まったわけです。

あ、上の説明で2,000ドルというのは米国でKDPにて自己出版する場合、70%のロイヤリティー比率を得られる最低の価格設定が$2.99とアマゾンによって規定されているからです。すると:

$2.99 × 0.7 = $2.093

が一冊当りのロイヤリティーという計算になるわけです。

実際には日本(つまりAmazon.co.jp)でその値段で売った場合、ロイヤリティーは35%だということが、後になってわかりました。(がっくり)

その頃と相前後して、楽天がKoboを売り始め、それに対抗するカタチでアマゾンも「将来、キンドルを売るので待っていてください」というアナウンスをしました。
続きを読む