僕には二人息子が居ます。ひとりは大学生、もうひとりは大学を卒業し、社会人になったばかりです。

最近、息子たちから「とうちゃん、株って、どういう仕組みなんだよ?」と質問されました。

(ほいきた、そりゃ、俺様の専門だぜ!)とテンションを上げたのですが……社会経験がほとんど無い若者たちに、株式投資を説明するのは結構、骨が折れます。

そこで全くの初心者にもわかるように「株の極意」を解説するシリーズを始めてみる気になりました。

【株って、何?】
株とは或る事業のオーナーシップを証明する証書です。

オーナーシップ(Ownership)とは、すなわち「所有している」ということです。「俺がオーナーだ!」と言うときのOwnerと同じです。

オーナーは、主(あるじ)であり、究極的なボスであり、そのビジネスの所有者です。サラリーマンは「雇われの身」ですが、オーナーは「雇う側」です。

なぜ株式投資の話をするのに、こんなことから説明を始めるか? と言えば、「雇われの身」と「雇う側」では世界の見え方が違うからです。

つまり社畜の視点とオーナーの視点は違うということ。

たとえば就活をするとき、「やっぱり○○銀行は給与水準が高いから、あそこを第一志望にしよう!」とか「○○商事は就職人気ランキングで高いランキングを保っている」ということを気にするわけですが、これらは全て飼われる側、つまり社畜の視点です。

フェイスブックの就職試験は難関です。だから僕などがノコノコ面接に行っても瞬殺で落とされるでしょう。

フェイスブックの社員は美味しいストック・オプションを貰うために働いているわけで、それはつまり社員も「株主になること」を目指していると言えます。

ところが、この究極の目標は、なにもフェイスブックに就職しなくても実現できます。つまり株式市場でフェイスブック株を買うことでリベンジできるのです。

皆さんはこれを(馬鹿げた溜飲の下げ方だ!)と思うかも知れません。

しかし人生というものは、色々なしがらみや、ちょっとした偶然、行きがかり……そういったものに左右されがちです。

いまやっている仕事を天職と感じている人が居たならそれは幸せなことだけれど、そういう風には思えない立場に置かれた人もいるでしょう。

(自分は今、たまたまこういう仕事をやっているけれど、自分の関心領域や能力は、もっと広い)と感じている人も多い筈です。

就社は、ひとつの会社にだけしか出来ませんけど、株主になるのなら、どんな会社のオーナーにでもなれるのです。

つまり株式投資の大事な効果のひとつとして、いま自分がやっている仕事を犠牲にしなくても、余った時間で、もうひとりの自分の自己実現ができるということがあるわけです。続きを読む