Too much of a good thing(良いことも、度が過ぎると……)

これは英語圏で良く使われる格言です。シェークスピアの『お気に召すまま』で使われたことが、この表現が流行った原因だと思います。

Rosalind: Why then, can one desire too much of a good thing?  Come, sister, you shall be the priest and marry us. Give me your hand, Orland. What do you say, sister?


キプロスは地中海に浮かぶ島ですが、オフショア・バンキング・センターとして栄えていました。特にロシアの裕福層のおカネが流入してGDPの800%もの預金が集まったと言われています。

普通、小口銀行預金は銀行の貸付原資として極めて強固な資金源(ファンディング・ソース)です。なぜなら市場からおカネを調達してきた場合は、金融市場の乱高下に銀行の貸付能力が翻弄されるわけですが、小口銀行預金(リテール・デポジット)は、めったなことで流出しないからです。

そんなわけでキプロスにどんどん預金が集まったことは、同国の弱さではなく、強さだと、ずっと考えられてきました。但し、それは、キプロスの銀行が、保有していたギリシャ国債で大損を出すまでの話です。

キプロス国内にはこれといった貸付先はありません。だからキプロスはどうしても国外に運用先を求める必要がありました。キプロスは歴史的にギリシャとつながりがあります。その関係で運用の場面でも、当然、ギリシャ国債を組み入れたわけです。このしくじりで、自己資本の少なからぬ部分を吹き飛ばしてしまったのです。
続きを読む