第33回JPモルガン・ヘルスケア・カンファレンスが1月12日(月)からサンフランシスコのユニオンスクエアに面したウエスティン・セントフランシス・ホテルで15日まで開催されます。

The_Westin_St__Francis_Hotel_San_Francisco
(出典:ウィキペディア)

このイベントは世界のヘルスケア業界関係者にとって最も重要な投資イベントであり、400社に近い企業、ならびに9,000人を超えるファンドマネージャー、ベンチャー・キャピタリスト、報道関係者などが参加します。

例年、カンファレンス会場の舞台裏ではVC投資、IPO、パートナーリング、M&Aなどを巡って激しいディール・メーキングが繰り広げられます。

また業界関係者が一堂に集まる同カンファレンスに合わせて、参加企業が大きなニュースを発表しようとするので、カンファレンス期間は早朝から会場内に設けられたニュース・ルームでは報道関係者がニュースの発信に追われます。

この関係で、経験則的に言って「JPモルガン・カンファレンスの前にヘルスケア株を仕込み、終了後に売れ」ということが言われてきました。

1

同カンファレンスはもともとH&Qヘルスケア・カンファレンスという名称でしたが、チェース銀行がサンフランシスコのブティック投資銀行、H&Q(ハンブレクト&クィスト)を買収し、その後、JPモルガンを吸収したため、2001年以降はJPモルガン・ヘルスケア・カンファレンスと呼ばれています。

このところバイオテクノロジー株はすこぶる調子が良いです。5年連続してS&P500指数よりパフォーマンスが良かったです。因みに2014年は+37%でした。このため今年のカンファレンスも例年に増して盛況になると予想されます。

主な企業としては次の各企業に注目しています:
続きを読む