ぼんやりとした噂に過ぎないのですが、6.3兆ドルを運用している世界最大規模の資産運用会社、ブラックロック(ティッカーシンボル:BLK)が「ビットコインETF上場プロジェクト・チームを組成したのでは?」という噂が流れ、ビットコイン価格が動意付いています。

ブラックロックは世界のETFシェアでNo.1です。

1

これまで米国証券取引委員会(SEC)にビットコインETFを申請してきた業者は数多いです。しかしそれらはいずれも泡沫的な運用会社であり、大手はチャレンジしてきませんでした。

ブラックロックは、初めて、SECが真剣に向き合わないといけないガチな申請者だと言えます。

ブラックロックくらいの会社になると、ETF申請の細かい機微は知り尽くしているし、ちゃんと予習をしてから申請すると思われます。むげに断れないということ。

だからSECのほうとしても、相当の覚悟をもってこの申請を審査しないといけない。

つまりビットコインという存在を、米国の金融界ならびに行政が「どう捉えてゆくのか?」ということに対する、ひとつのクライマックスがやってくるということです。

それは、「この噂が本当であれば…」という条件つきですが。


PS.: 今日、ブラックロックは決算を発表しています。決算リリースの中には「ビットコインETF上場プロジェクト・チーム組成」への言及はありません。カンファレンスコールはNY時間の朝8時半からです。僕も聞く予定です。

ビットバンクトレード


過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。