Valu(バリュー)が登場してほぼ一年が経ちます。

サイト:valu.is

バリューとはトレーディングカードのように自分のカード(Valu)を発行し、それをトレードできるサービスを指します。もちろん他人の発行したバリューを購入することも出来ます。

バリューが登場したとき、僕は鈍器で頭を殴られたような衝撃を受けました。なぜならそれが斬新なサービスだったからです。

僕は証券界に入り30年以上経っているし、シリコンバレーでIPOの仕事もやった関係で、新しいサービスやベンチャーには日常的に接してきました。だから大抵の新しいコトには懐疑的でシニカルな目を向けます。その僕ですら、バリューを最初に見た時は「あっ!」と叫んでしまいました。

僕の知る限り、世界にバリューのようなサービスをやっているところはありません。最近、評価型経済ということが言われるけれども、バリューは個人のブランド化が行き着く最終到達点と捉えることが出来るかもしれません。

バリューの経営陣は(直接会って話したことは無いけれど)長期的な展望に立ち、ゆっくりバリューを運営している印象を受けます。これは良い事です。

「バリューを買って楽しいのか?」と聞かれれば、「それはひとによる」としか答えようがないです。ちょうどポケモンカードを蒐集することを楽しいと思う人がいる一方で(そんなもの、別に楽しくない)と感じる人も多いのと、全く同じです。

つまり他の人のバリューを買う楽しみは、あなたの個人的な満足のためにやっていることであり、それを他人からとやかく言われる筋合いのものではないのです。だから(これは楽しい!)と思えばやればいいのだし、(なんだ、ちっとも楽しくない)と思えばやめればいいのです。

バリューにはフェイスブックやツイッターのようなSNSの機能があります。つまり「いまどうしてる?」という書き込み欄を通じて支持者とコミュニケーションを取ることが出来るわけです。支持者とコミュニケーションを取ることは別に義務ではないけれど、上手く行っているバリューは支持者とコミュニケーションが密である場合が多いと思います。

SNSならフェイスブックがある。いまさらバリューなんて不要では?


そういう意見もあるでしょう。でもフェイスブックとバリューでは友達の輪の作られ方が全然違います

フェイスブックの場合、自分の家族、親せき、同級生など、実生活でのつながりを起点としてフォロワーが積み上げられてゆきます。これはそれらの人々とのつながりを緊密にしたいと思う人には重宝するツールだけど、逆にそれらの人たちが自分のアップデートを見ているので窮屈に感じることも多いし、自分の同級生が自分より出世しているとか、いい旦那さん見つけてキラキラした生活を送っているのを目撃すると落ち込むというようなネガティブな面もあります。

ツイッターにはそういうしがらみは無いけれど、粘着してクソリプ垂れる嫌がらせなどが絶えず、必ずしも気持ち良いメディアとは言えません。

バリューの場合、自分の家族、友人、会社の付き合いとは無縁のところで自分が上場される関係で、そこで構築されるつながりは全くランダムだと言えます。自分のやっていることに共感してくれる人は寄ってくる一方で、そうでないケースでは全く何も起こりません。

だから時として上場者が全く予期してなかった人が自分を支持してくれて、自分のバリューを購入してくれるときもあります。地域や職業や年齢や興味範囲を超えた、これまでとは全く異質のつながりが出来るのです。

一例として僕のような老人が、うら若い女性のバリューを購入し、ネット上で友達になるということも沢山起こっています。

それじゃ「パパ活」じゃないか!


という指摘が出来るかもしれません。僕はパパ活のつもりでバリューをやっていないし、買われる方だってそんな風には感じてないと思うけど、新しいツールが登場すればそれが色々な使われ方をするのは世の常なので、もしそういう使い方をしている人が居ても驚きでは無いと思います。

僕が言いたい事は、自分が予期しなかった友人関係が出来るということは今までのSNSに無い機能であり、それがバリューの醍醐味のひとつだということ。

最後に「バリューは今後どうなる?」という点についてひとこと。

僕の知る限りバリューにはiPhoneアプリがありません。(いま準備中だと想像します)

殆どの人々がスマホを経由しネットを楽しんでいる現状でiPhoneアプリが無いのはユーザー成長やユーザー・アクティビティーにとって極めて不利です。言い換えればバリューはアプリが無いのでそのポテンシャルを最大限に発揮してないということ。

これは時間が解決するでしょう。


過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。