もう20年も前の話です。

上司のグレッグに呼ばれました。

グレッグ:「オー、タカオ!ちょっと話がある。」

僕:「話って、なあに?」

グレッグというのは前にも書いた「ロードランナーになったおとこ」ですから上司というよりはトモダチ感覚、お互い腹を割って話せる間柄です。

グレッグ:「ペンシルバニア州の或る年金を担当して欲しいんだ」

僕:「なんだい、ずいぶん持って回った言い方するじゃん。」

グレッグ:「ベツレヘム・スチールの年金ファンドだ。」

僕:「断る。それだけは、嫌だ。」

グレッグ:「まあそう言わず、、、」

アメリカでは1989年頃から年金市場に地殻変動が起きました。確定拠出型年金、つまり401(k)が登場し、企業は体力のある、企業年金の内容が健全なところから順次401(k)に衣更えしてゆきました。

なぜ事業会社が401(k)を好んだかというと401(k)は社員のひとりひとりが自分で運用の対象を選ぶため、会社側としては運用のしくじりの責任を問われたり、積み立て不足の穴埋めをするリスクが無いからです。

そんなわけで従来の確定給付型年金(=日本の場合、まだこちらが主流だと思いますが、、、)から401(k)へと、怒涛のようなシフトが起きたのです。

これは証券会社の立場からすると投信会社の重要性が増し、企業年金のパイは縮小するということを意味します。

先細りが決まっている企業年金のファンドなど、だから誰も担当したくないのです。

加えて僕にはもうひとつの不安材料がありました。

当時は日本の鉄鋼メーカーがどんどん世界進出しているときで、アメリカの鉄鋼業は「日本憎し」という反日の感情が強かったのです。

しぶしぶグレッグの指図を受け入れて、兎に角、先方の担当者にあいさつにゆくことにしました。

レンタカーを借りてマンハッタンからベツレヘムの町までは3時間足らずだったと思います。

曲がりくねった山道の峠を越えると「はっ」と息を呑むような赤茶けた渓谷が眼下に広がります。町全体が錆びたクズ鉄の塊りのような状態であり、亡霊のような手入れの悪い製鉄所が静かに横たわっています。
800px-Bethlehem_Steel_Pennellb

(ジョセフ・ペンネル 1881年、ウィキペディア・コモンズ)
続きを読む