トルコは現在、OECD諸国の中で最も速くGDPが成長している国です。2010年第1四半期のGDP成長率は+11.7%、第2四半期の予想は+9%です。

好調な経済を背景に税収もどんどん増えており、トルコ政府の収支は改善基調にあります。このため予定されていたIMFからのローンも「もう必要ない」ということで取りやめになりました。因みに国家負債のGDP比率は49%程度です。

トルコは昔から高インフレに悩まされてきましたが、現在のインフレ率は過去40年間の最低で7.5%程度です。

こうした改善を受けて格付け機関は相次いでトルコの見通しを引き上げています。

トルコの株式市場は年初来+14%と好調です。それでも現在のPERは11倍であり割高感はありません。

イスタンブール・ナショナル100指数は4月に59600辺りで頭打ちとなりましたが最近この上値抵抗線をブレイクアウトし60000超えを達成しています。現在は59866で地固め中です。
トルコ

(出典:ブルームバーグ)
続きを読む