Market Hackの月次編集会議で僕を担当してくれているNHN Japanの永田さんから「今、日本ではこういう問題が話題を呼んでいますから、ヨロシク」とネタの軌道修正のアドバイスを受けました。

僕の場合、1982年に大学を卒業して以来、殆ど海外で生活してきました。
この間、日本に住んでいた期間を全部通算しても2年にも満たないのです。

自ずと日本のことがわからなくなる。
浦島太郎になる。

今、日本で話題になっている問題やキーワード(生活保護、増税、就活苦自殺etc.)を指摘されて、思いました。

(世相は暗いな)

なぜここまで、どうしようもなく暗いのか?

今日はそれに関して自分の考えを述べます。


まず出発点としてテクノロジーとそれがもたらす社会へのインパクトに関する認識を共有したいと思います。

先日、KPCBのメアリー・ミーカーがインターネットのトレンドに関するプレゼンをウォールストリート・ジャーナルの『オールシングスD』カンファレンスで行いました。

それによると日本における3Gの普及率は95%に達しているそうです。

つまりネットやスマホは、もはや完全に日本の津々浦々に浸透していると考えてよいわけです。

さて、ソーシャル・メディアのVCなどに圧倒的に支持されている社会学者、カルロタ・ペレスがイノベーションの伝播と、それが引き起こす社会への様々な影響に関して有益な研究を残していることは以前、紹介しました

技術革新が起こると、先ず技術者の世界でそのイノベーションに対する興奮と、その反動としての急速な退潮が起こります。

金融の世界ではイノベーションを先喰いするカタチでバブルが発生し、それが崩壊します。

これらの急速で、劇的な変化に比べて、一般社会へのイノベーションの普及はもっとゆっくりとしたペースで実現します。新技術がクリティカル・マス(多数派)を形成する頃には、バブルが崩壊して、不景気になっている事が多いです。

いまがまさしくそういう時期だと思います。

完全に社会に浸透したその新技術は、昔のやり方より廉価で、より使い勝手の良い手法であることから、景気後退の局面では、企業や個人はそれをコスト削減の方便として生活に取り入れられます。

イノベーションが社会パラダイムの変化にインパクトを与えるのは、この瞬間なのです。
1

社会パラダイムが変化する時とは、すなわち既得権を持っている人と、そうでない人、新しい技術を使いこなせる人と、そうでない人、などの間で社会の軋轢が生じる瞬間でもあります。
続きを読む