インドはBRICsの中で年初来最もパフォーマンスが悪かったです。

その最大の理由はインド準備銀行がインフレをうまく押さえこめていないからです。

加えて与党国民会議派(コングレス)は汚職スキャンダルの後遺症で国民の支持を失っています。

次の総選挙は2014年ですがそれまでに国民会議派は懸案になっている経済改革、税制改革、公共サービスの改善、小売業の自由化、保険業の自由化、補助金の削除、外資の誘致など、やらないといけないことは山ほどあります。

マンモハン・シン首相は先ずプラナブ・ムケルジー財務相を更迭することから内閣改造に着手するものと思われます。

続きを読む