エジプトのホスニ・ムバラク大統領がけさ(日本時間11日早朝)エジプトのテレビに出演しました。

「ムバラクが演説するぞ」という噂で「すわムバラクが辞任するのでは」との観測が出て、タハリール広場には1月25日の最初のデモ行進以来で過去最高の人出となり、お祭りのような様相を呈しました。

ムバラク大統領の演説は日本時間朝5時から始まる予定でしたが、50分遅れで開始されました。

ムバラクは群衆の興奮が最高潮に達した現地時間10日夜10時50分頃ようやくTVに出てきました。

ところがムバラクは辞任するどころか憲法改正により立候補の簡素化をしたり大統領の任期に関する規定を明快化するなどを約束しただけで、基本的には新しいことは何も言いませんでした。

「これはオレ個人のキャラの問題ではなくエジプトの問題だ」
続きを読む