新しいメディアには、その新しいメディアにふさわしい表現形態があるはずだ……

これは僕がずっと考えてきた事です。

そしてそれは何もキンドル・ダイレクト・パブリッシングだけに限定した話では、ありません。

Market Hackひとつを例にとっても、「器にふさわしい表現形態」の試行錯誤は、日頃からいろいろやっていることは読者の皆さんならご存知だと思います。

(そのたびに芸風がコロコロ変わって、皆さん辟易していると思いますが……笑)

ブログメディアの場合、コンテンツを世間に向けて発信する際に、大きくて、固定的なインフラストラクチャを必要としません。

そのため、どんな書き方がいちばん読者に満足してもらえるか、そのオプティマル(最適)ポイントを求めていろいろ試してみることは、決して悪い事ではないと、僕は考えています。

話がキンドル・ダイレクト・パブリッシングの事からブログの事に脱線したけど、実はキンドルで出版する際も、上に書いたようなオプティマルを求めて継続的に微調整するということが、あってもいい。

なぜなら初めて自分の本をUPする際には、これまで書いてきたような、いろいろな留意点をクリアする必要があるわけだけど、それを別にすればKDPによる出版は、実はブログの記事をUPするのと大差ないほどカンタンだからです。

出版の頻度や本の長さに関しても「これをやっては駄目だ」というルールは、存在しない。

実際のところ、僕がいきなり三冊を矢継ぎ早にUPしたのは(最初から既存のルールを打破しよう)という意図によります。

本の長さについては縦書きのマイクロソフト・ワードで60~70枚程度、つまり紙の本にすれば70ページから90ページ程度の長さにしました。これも意図的な短さです。なぜならこの長さなら、普通の文庫本では薄っぺら過ぎて「物理的に、本にならない」と拒絶されると思うからです。

でもキンドルでずっと英文の書物を読んできた経験からすれば、経済書や古典などは、どうもしっくり来なかった。比較的リズムの良い、例えばレイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』のような作品が、いちばんeペーパーに適していると感じたわけです。

そこで、スタイルという問題に関して、考え込んでしまいました。

昔、僕がダイヤモンドZAiオンラインでコラムを書き始めた時、当時僕を担当してくれていた井口さんから「ウェブの画面上で読者が記事を読む場合、改行を多目にしないと読み辛いですよ」とアドバイスしてくれました。それで改行を増やして原稿を再提出したら「もっと改行を増やして! ニ行程度書いたら、すぐ改行して!」と言われて、驚きました。

でも実際にチカチカするPCの画面で文章を読むと、改行が多い方が論旨を追いやすい……

まあそんな風に、デバイスが逆にスタイルを規定するという事が、起こるわけです。
続きを読む