iStock_000008207582Medium

1960年代にアメリカの援助でアフガニスタンのヘルマンド地方の灌漑プロジェクトが実施されました。砂漠を耕地に変えようとするこの計画は遊牧民が農地に定着せず失敗し、今では世界のアヘンの原料であるケシの花の75%を供給する土地になってしまっています。

このナイーブなアメリカの経済援助が失敗した背景には「砂漠では強い者が遊牧民(ノマド)になる」という掟(おきて)ないし価値観をアメリカ人が全く理解していなかったからだと言われています。

なぜ強い者が遊牧民になるのか?

この歴史を知る事は最近流行っている「ノマド的なワークスタイル」を考える上でも示唆に富んでると思います。

日本の中東研究の草分け的存在である岩村忍(いわむらしのぶ)は『世界の歴史 西域とイスラム』(中公文庫)の中で遊牧民の起源を次のように説明しています。

オアシスに人間が住みついて農耕を生業としているうちに(中略)家畜の飼養が始まった。しかし(中略)飼養するためには必ず飼料が必要なのである。

(中略)

ところがオアシスにおける家畜の飼養はたちまち限界にぶつかる。(中略)オアシスというものは、元来きわめて面積が限られている。すなわちオアシスの水は一定量しか出ないから、耕地を拡大するわけにはゆかない。だから耕地は非常に貴重である。

(中略)

オアシスの民はオアシス周辺の草原にならしたヒツジを放すことを発見したにちがいない。(中略)しかしこの方法にも限界がある。数が多くなれば夜に家畜をことごとくオアシスに連れて帰ることはできない。そこで唯一の解決法は牧畜の専門化である。すなわちオアシス住民のある者が草原における牧畜を専業とするように生業が分化する。そうすれば家畜がふえるにしたがってオアシスから離れた所でも、良い牧地があれば夏にはそこに家畜を連れて出かけ、寒くなると低地に帰って冬ごもりをすることができる。
続きを読む