ウェブを通じたアンケート調査サービスの会社、サーベイ・モンキー(Survey Monkey)が巨額で、奇抜な資金調達を行いました。

先ず同社はグーグル(ティッカー・シンボル:GOOG)、タイガー・グローバル(ヘッジファンド)、アイコニック・キャピタル、ソーシャル+キャピタル・パートナーズ、ローレル・クラウン・パートナーズなどの投資家に対して4.44億ドルの株式を割り当て、資金調達しました。

加えてJPモルガン(ティッカー・シンボル:JPM)をシ団幹事とし、バンクオブアメリカ(ティッカー・シンボル:BA)、ゴールドマン・サックス(ティッカー・シンボル:GS)、サントラスト(ティッカー・シンボル:STI)から構成されるシンジケートローンで、3.5億ドルを借り入れました。

合計で7.94億ドルの資金調達をしたことになります。

今回の株式のイシュー価格から計算するとサーベイ・モンキーの非公開株のバリュエーションは時価総額にして13.5億ドルです。

また上記のように新しい株式を発行する一方で、昔から同社に在籍する社員や既存の株主の所有する同社株を買い上げることも実行しました。これは「自社株買い戻し」に相当する取引(*)です。そのねらいは新規株式公開(IPO)を待たずに従業員や古くからの株主が、持ち株を現金化する機会を与える点にあります。

スタートアップ企業が「何としても株式を公開せねば」というプレッシャーを感じるひとつの理由は、社員や既存株主が持っている非流通株への流動性の付与です。もうひとつの理由は長期に渡って非公開企業のままで操業し、その間に従業員への株式の付与で株主数が500名を超えてしまうと、証券取引法により株式の公開をしなければいけなくなる点にあります。離職した従業員からの株式の買い戻しは、株主数を減らす効果があり、非公開のままで居られる期間を伸ばす効果があります。

なお今回のディールでサーベイ・モンキーの発行済み株式数が何株になったのかは、よくわかりません。同社は2009年にスペクトラム・エクイティー・インベスターズとベイン・キャピタル・ベンチャーズが買収しました。そのとき、スペクトラムが送り込んだのが、ウェブ業界のベテランであるデイブ・ゴールドバーグです。彼はフェイスブック(ティッカー・シンボル:FB)のCOOであるシェリル・サンドバーグの旦那さんです。
続きを読む