地政学コンサルタント、ストラトフォア社のレバ・バハーラはエジプト軍のシェムエルシェイクへの進駐に関して次のようにコメントしています。

これまでイスラエルは理想的な地政学バランスの上に安住してきた。例えばヨルダンの力は弱いし、レバノンは内輪もめしている。シリアはレバノンで金儲けしなければいけないのでイスラエルの脅威となることより現状維持による経済的メリットを優先している。

しかしエジプトでの反政府デモはこの均衡を崩した。

若しエジプトが民主主義に移行したら、ムスリム同胞団の影響力が強まる可能性がある。

その場合、エジプトのムスリム同胞団がこれまで通り、穏健で非暴力的な姿勢を貫くかどうかはハッキリしない。
続きを読む