ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が発表した中国の旅行市場に関するレポートが話題を呼んでいます。

「昔はアジアからの旅行者と言えば日本人、韓国人、香港からの旅行者を指した。しかしこのイメージは急速にかわりつつある。2013年までに中国人旅行者は日本を追い越し、世界で2番目に大きな市場となる。2020年までには中国からの海外旅行者数は日本人の3倍になるだろう。」

「こんにち中国人の2億人しか日帰りのレジャー旅行を経験していない。向こう10年間でこの数は激増するだろう。また中国人は友達などのグループで旅行する場合が多く一回の旅行での滞在日数は6日以上が多い。中国の旅行者は出発の直前に予約をする場合が多い。これは歴史的にツアーの直前にならないとディスカウント(割引セール)が行われないとか列車やバスの予約受付が直前でないと出来なかったという事情による。

1

3
続きを読む