暫く前に時事通信やブルームバーグが「IMFがイタリアを62兆円で救済する」という記事を掲載しユーロが大幅高する事件がありました。

結局、これは誤報だとわかったわけですが、相場をやっている人なあらそのヘッドラインを見ただけで(これってチョッとヘンだな)と気が付いた筈です。

なぜならそもそも国際通貨基金には62兆円をすぐに用立てる事が出来るようなリソースは無いからです。
1

さて、今日出てきた材料としてはドイツが条約改正の「付録化」(*)により財政統合に関してユーロ参加各国の合意を取り付ける事が出来れば、国際通貨基金(IMF)が速やかにそれを「援護射撃」する救済資金を発表するのではないか?という観測が出ていることです。
続きを読む