11月25日にスペインのカタルーニャ地方で議会選挙があります。この選挙でカタルーニャ独立賛成派が勢力を伸ばすのではないかということが注目されています。

若しカタルーニャ独立賛成派のCIU党が50%以上の得票をした場合、カタルーニャはスペイン政府に対して独立のためのレファレンダムを要求する可能性があります。

こうした現在のスペインの状況は、1936年から1939年まで続いた壮絶なスペイン内戦の忌まわしい記憶を呼び覚ましています。

スペイン内戦は欧州で最も悲惨な内戦であり、50万人が死亡したと言われています。またこの内戦は民主主義とファシズムが激突した最初のバトルでもあります。

スペイン内戦には、世界中から何千人ものボランティアがスペインに駆けつけ、戦いに参加しました。外国から馳せ参じた義勇兵は理想主義や、ある種のロマンチシズムに突き動かされて行動を起こしたわけですが、スペイン国内には根っこのところで同国に固有なやっかいな問題がそれ以前からくすぶっていました。

スペイン内戦前夜の複雑な経済、政治事情と、こんにちのスペインの抱える問題には似ていない部分もあるけれど、酷似している部分も散見されます。そこで今日はスペイン内戦前夜の同国の雰囲気がどうだったかということについて少し説明したいと思います。

スペインでは1931年にアルフォンソ王が亡命し、共和国が誕生します。これはスペインの地方の人々が高い失業率、農村の貧困などから王政に愛想を尽かしたことが一因です。

しかし樹立されてわずか5年後にはスペインの共和制は内戦の戦火の中で崩壊します。
庶民は新政府の誕生に期待を高めますが、世界的な不景気の中で、それが失望に終わった時、農民は自分達が直接土地を所有したがり、また工員たちは労働組合の結成を要求しました。このように諸々の社会問題が一気に噴出する中で、教会は反動色を強め、また資本家も反動的でした。
続きを読む