スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』はアメリカの高校では教科書として用いられている古典です。

ウチには息子が二人居るので家の中には『グレート・ギャツビー』が何冊も転がっています。僕が大昔にニューヨークの五番街のスクリブナーで買った本、ワイフが持ってきた本、そして子供達が教科書として買い求めた本、、、。

有名な作品なのでこれまで何度か映画化されています。その中でも特に有名なのが1974年にミア・ファローとロバート・レッドフォードが主演した『華麗なるギャツビー』でしょう。

さて、そんな『グレート・ギャツビー』ですが、来年のクリスマスの封切りを目指して新しいバージョンの撮影が開始されています。監督はバズ・ラーマン、主人公のジェイ・ギャツビーにはレオナルド・ディカプリオ、デイジー・ブキャナンにはキャリー・マリガン、ニック・キャラウェイにはトビー・マグワイアという配役です。

既に撮影はオーストラリアで開始されており、今日、最初の公式スティル写真が公開されました。
56798
56797

テレグラフによると既に『グレート・ギャツビー』に登場するようなドロップ・ウエスト・ドレスやビーズのシフォン・ドレスは2012年のサマー・コレクションとしてラルフ・ローレンやグッチなどのコレクションに登場しており、20年代リバイバルのブームが到来しそうな気配です。

確かに髪をフラッパー(Flapper)にしたキャリー・マリガンのゴージャスさから判断して(これはちょっと人気になってもおかしくないな)と感じました。
続きを読む