1

テスラ・モーターズ(ティッカー・シンボル:TSLA $84.84)が今日、引け後に公募増資と転換社債の売出しを発表しました。そこでは引受の世界で稀に見る珍事が……。

でもそれに入る前に先ずディールのストラクチャを記しておきます:

【普通株の公募増資】
テスラ・モーターズの普通株式270.3万株を売り出します。今日の引値を当てはめると、調達金額は約2.29億ドルになります。主幹事はゴールドマン・サックス。売り出し目論見書はココ

【転換社債の売出し】
4.5億ドルの転換社債を売出します。クーポン、転換価格などは未定。主幹事はゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン。売り出し目論見書はココ


さて、「稀に見る珍事」というのは、このディールのうち54万株をCEOのイーロン・マスク本人が「自分で買う!」と言っている点です。金額にして4,586万ドルです。

さらに今回の公募とは別のプライベート・プレースメント(私募)で66万株、金額にして5,600万ドルをテスラから買うと公言しています。

都合、4,586万ドル+5,600万ドルで約1億ドルをCEO自らが「ぽん!」と出すわけです。

これはチョッと熱いよねェ。いや、熱すぎる!

テスラのショート筋は公募が発表されたのを見て(これでやっと担がれの責め苦から逃げられる……公募に応募しようっと!)と手ぐすね引いて待っていたわけだけど、イーロン・マスク自身が「ごっつあんです」すると売出し目論見書に書かれているのをみて「ギェーッ! や、やめてぇ~!」と阿鼻叫喚。

アフターマーケットでテスラの株は+7.8%と急騰しています。

万事休す。

こうなれば毒喰わば皿まで。テスラ株と一緒に昇天だ!