NYSEユーロネクスト(ティッカー・シンボルNYX)が2005年に株式を公開したインターコンチネンタルエクスチェンジ(ティッカー・シンボルICE=同社はしばしば「アイス」という呼称で呼ばれます)にNYXの一株につきICEの0.17株+$11.37(寄り前のICE株の株価に基づくと、約$33.12=82億ドル)で買収されることに合意しました。ディールのタイミングは2013年半ば頃です。

下は米国に公開されている主な取引所の今年の予想売上高です。今回買収する側に立つICEは買収されるNYXより売り上げ規模が小さい点に注目して下さい。
5

合併比率はICE株主が新会社の64%を、NYX株主が36%を所有することになります。この買収でICEはエネルギーを中心とした先物市場の運営者から普通株を含めたオールラウンドの総合市場企業となります。

ICEのCEOであるジェフリー・スペッカーが新会社のCEOとなりNYXのダンカン・ニーダーアウアーは新会社の社長となります。NYSEのトレーディング・フロアは少なくとも今のところ現状のまま、残す計画だそうです。IT費用や間接費の重複を省くことで、向こう3年間で4.5億ドルのコスト削減効果があるそうです。

なぜ売り上げ規模の小さいICEが主導するカタチで買収交渉が進んだか? という点ですが、ICEの方がNYXより急成長している関係でPERが高く、従って時価総額も大きかった点が指摘出来ます。
3
4

下はICEの業績です。なお、いつもおなじみの略号ですがDPSは一株当り配当、 EPSは一株当り利益、 CFPSは一株当りキャッシュフロー、 SPSは一株当り売上高の略です。
1
続きを読む