ミニシリーズスペインでは失業率が20%を超えています。また若者の失業率は40%を超えています。

なぜスペインではこのように特に若者の失業率が高いのでしょうか?

その説明に入る前に、そもそもスペインでは昔から労働市場のボラティリティーが高かったことを断わっておきます。つまり不景気になると大量の失業者が出るし、好景気には失業率が急速に改善するという傾向があるのです。

ですから20%を超える失業率というのは過去にも存在しました。

さて、一般に不景気になると企業は労働者を解雇するか、それとも賃金を減らしたり労働時間を短縮したりする方法で難局を切り抜けようとします。

雇用市場が流動的な土地(例えば香港)では企業は景気が良くなればどんどん新規採用を増やすし、逆に不景気になると片っ端から解雇します。
続きを読む