フェイスブック(Facebook)がかねてから報じられていた10億ドルの資金調達を完了しました。

今回のプライベート・ラウンド(私募)は同社の時価総額を500億ドルと評価しています。

さて、フェイスブックが本当にそれだけの価値のある企業なのか?ということについて少し考えてみたいと思います。

同社は創業して既に8年が経過しているので比較の対象としては創業後2年ほどでIPOしたヤフーなどの初期ドットコム・ブームの企業群と比較されるべきではなく、むしろグーグル(GOOG)と比較されるのが妥当だと思います。(ヤフーのIPO時の社員数は僅か50人程度、年商は130万ドルですから全く参考になりません。)

グーグルも2004年のIPOまでには6年が経過しており、IPOした年の通年の売上高は31.9億ドルありました。

つまり会社としてしっかり売上、ならびに利益が出せるメドがちゃんとついていたわけです。

2004年のグーグルのIPOでは値決め時($85)の時価総額は236億ドルでした。この年の高値は$201.6であり、その時点での時価総額は559億ドルでした。

株価対売上比率(PSR)に直せば値決め時のPSRは7.39倍、$201.6でのPSRは17.53倍というわけです。その後、グーグルのピークPSR(それぞれの年の株価の最高値を基準にしています)は下のグラフのように推移します。
facebook valuation
続きを読む