今日、ワシントンDCでファニーメイとフレディマックの処置に関して米国財務省を中心とした討議が行われました。これは民間企業をも交えたブレイン・ストーミングであり、極めて重要なイベントです。

なぜ民間企業をディスカッションに招き入れたかというと、民間企業が新住宅ローン制度に賛同しなければ、この試みは失敗するからです。

ティム・ガイトナー財務長官は世界最大の債券の投資信託、PIMCO(ピムコ)のビル・グロスをスピーカーのひとりとして招き、彼の意見をたっぷりと披露させる場を提供しました。以下はその発言の抄訳です。
続きを読む