ウォールストリート・ジャーナルなどが伝えるところによると先週のEU(欧州連合)サミットは大失敗だったようです。

ブリュッセルで行われていたこのサミットでは欧州周辺国の国際競争力をどう向上するかというテーマに関して討議がなされました。

しかしこのサミットに出席したベルギーのイブ・ルテルム首相はその紛糾ぶりを見て「いやー、実に奇想天外(surreal)なサミットだった」と感想をもらしました。

「18か19くらいの国が次々に壇上に上がり、ドイツとフランスの二国だけで全てを決めてしまうやり方に相次いで遺憾の意を表明した。」
続きを読む