ひとつ前の記事でアップルはユーザーの自己実現の小道具としての主張を持った製品を作ることを目指しており、その一方でアマゾンはデバイスを単なるストアフロントとして捉えているという事を論じました。

この記事はその続きです。

アップルとアマゾンの目指すところには大きな隔たりがあるのですが、結果としてもたらされる我々のライフスタイルの変化には共通点があります。

それは:

1.デジタル・メディアの消費がいままで以上にパーソナル(個人的)になる
2.デジタル・メディアの消費のされ方がフラグメント(細分)化される


という事です。

まず1.についてですが、iPadや「キンドル・ファイヤー」でストリーミング・ムービーを鑑賞するという場合、これは家族で楽しむというより、自分ひとりで楽しむケースが多いでしょう。

なぜならスクリーン・サイズが家族で楽しむには小さすぎるからです。

その代わり、ベッドに潜り込んでひとりで映画を楽しむという使い方が出来ます。

つまりデジタル・メディアの消費のされ方がいままで以上にパーソナル(個人的)になるわけです。言い換えれば映画鑑賞という消費行動が家族単位から個人単位になるわけです。

するとディズニー映画を観ながら家族で一緒に過ごすというbonding(=つながりかた)はタブレットPCという道具では実現しにくくなります。

また「ちょっと時間が空いたのでiPhoneで動画を観る」などのデジタル・メディアの消費のされ方も今後はどんどん増えると思います。

それはすなわちデジタル・メディアの消費のされ方がフラグメント化されることを意味します。

また自分の都合の良い時間に、観たい時にデジタル・メディアを消費するという事は、例えばスーパーボウルやオスカー賞などの大きなイベントの際のスポット広告を買うだけでは広告主はオーディエンスにリーチできないことを意味します。
続きを読む