先日お伝えしたGrouponのプライベート・ラウンドですが、テッククランチ、ロイターその他の伝えるところでは9.5億ドルのうち既に5億ドルのハメコミが完了したそうです。

今回完了した5億ドルのうち3.5億ドルは所謂、「リクイディティー・イベント(流動性確保行為)」だとされていますが、早い話が創業者たちによるキャッシュアウト、つまり自分の持ち株の処分でした。

つまり会社の資本に回されるのは1.5億ドルのみです。

今回持ち株を一部キャッシュアウトしたのはアンドリュー・メイソン、エリック・レフコフスキー、ブラッド・ケイウェルらです。

■ ■ ■

このニュースを見て僕のキモチは複雑です。

先ずグルーポンがムチャクチャに美味しいビジネス・モデルであることは明らかです。
以前に説明したようにこのビジネス・モデルはキャンペーンを打とうと考える店主に先立つキャッシュが無くても全然オッケーです。

なぜなら現金はGrouponの客(つまりアナタやワタシ)がクーポン購入というカタチで先払いするからです。

Gruoponは客のクレジットカード口座などから引き落としたキャッシュを2等分して、半分は自分のポケットに入れ、もう半分は店主に渡します。

後は店主はクーポンを提示したお客さんに対して「タダ働き同然」のサービスを提供する(=実際には約75%引き)ことでお店の存在を知ってもらい、サービスの良さをクチコミで伝播してもらうわけです。

この「前受け方式」があるためにGrouponのキャッシュフローのやりくりは極めてスムーズです。
続きを読む