最近、ユーロ共同債という概念がしばしば話題に上ります。

ユーロ共同債とは欧州の個々の国が国債を出すのではなく、EUの連邦として債券を出すことを指します。そういう言い方でわからなければ、米国財務省証券のEU版だと考えて頂ければ良いです。

現在のところ、EU憲法下では、ユーロ共同債を出すことはできません。

しかし米国財務省証券が最初に考案されたときも、実は憲法違反だったのです。それにもかかわらずアレキサンダー・ハミルトンの実行力で米国財務省証券の発行は実現しました

ウォール街の関係者が、今、一斉にハミルトン研究に走っているのは、現在のヨーロッパが置かれた状況と、アメリカ独立戦争当時の米国の13州の状況が酷似しているからです。

そこで今日は簡単にアレキサンダー・ハミルトンの功績と、彼の人物について語りたいと思います。

歴史家、リチャード・モリスによるとアメリカの建国の父(Founding Fathers)のうち、最も重要な七人は:

ジョン・アダムス
ベンジャミン・フランクリン
アレキサンダー・ハミルトン
ジョン・ジェイ
トーマス・ジェファーソン
ジェームズ・マディソン
ジョージ・ワシントン


です。

この七人の中でもアレキサンダー・ハミルトンは複雑な事象を整理整頓し、社会の機構作りをする面では傑出した才能を持っていました。

アレキサンダー・ハミルトンは:

初のドル硬貨の発行
徴税システムを確立
米国財務省証券を発行
米国財務省を組織法により設置
「ザ・フェデラリスト・ペーパース」の執筆


などを行いました。

このうち「ザ・フェデラリスト・ペーパース」とは連邦主義者(フェデラリスト)達による、アメリカ合衆国の方向付けに関する一連の論文を指します。これらの論文は合衆国憲法の精神を噛み砕いて説明してあるところから、米国最高裁でもしばしばレファレンスとして引用されます。ハミルトンは全85編の「ザ・フェデラリスト・ペーパース」のうちの実に51編を自ら執筆しました。
続きを読む