インターネット・ラジオのパンドラ・メディア(ティッカー:P)が第3四半期の決算を発表しています。

EPS 予想-1¢ 実績3¢
売上高 予想7,155万ドル 実績7,500万ドル (前年同期比+99%)


今期のリスナー時間は前年同期比+104%でした。またラジオ市場でのマーケット・シェアは4.3%でした。なおこのマーケット・シェアの数字はAMやFM局など全ての米国のラジオ局を含めた数字です。

同社は18歳から34歳までのリスナー層では既に米国のどのAMならびにFM局よりも大きいです。

アメリカのラジオ・リスナーの半分は自動車を運転しているときにラジオを聞きます。従って車載インターネット・ラジオ市場は非常に重要なマーケットです。

同社は自動車会社とパートナーを組んでいます。具体的にはトヨタ、ホンダ、GM、現代自動車などです。

同社の顧客の30%はデスクトップならびにノートブックPCから同社のサービスにアクセスしており、残りの70%は自動車、スマートフォン、タブレットPC(例:アマゾン・キンドル・ファイヤー)などの移動体デバイスからアクセスしています。

同社の課金モデルはサブスクリプション・モデルならびに広告モデル(視聴は無料)となっています。

サブスクリプション収入は前年同期比+80%でした。一方、広告収入は+120%でした。

広告モデルに関して広告主の80%はローカルのビジネスです。
続きを読む