グーグルがリーダーシップの交代を発表しました。

4月4日からCEOが現在のエリック・シュミット(2001年4月以来CEOを勤めています)から創業者のひとり、ラリー・ペイジに交代します。

この件に関してカンファレンス・コールで議論された要点は以下の通りです。

1. CEOの交代に関してはラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン、エリック・シュミットの3人で長い時間をかけてじっくり話し合い決定した。これまでの役割分担でも物事は概ね上手く運んできたが、新しい責任分担でより良い意思決定ができるようになると思われる。
2. ラリー・ペイジがCEOとして日々の業務を掌握する。
3. エリック・シュミットは会長職に収まる。
4. セルゲイ・ブリンは技術畑の人間なので、自分の最も得意とすることを今後もやる。
続きを読む