エジプト情勢が市況に与える影響を論じる際、真っ先に言われるのは「エジプトからは石油が出ないので、大丈夫」という事です。

でも正確に言えばエジプトからは石油は出ます。また天然ガスはもっと出るのです。

実際、天然ガスの確認埋蔵量の増加速度は世界で最も速いペースです。

もちろん、エジプトにおける石油や天然ガスの生産が今日止まったからと言って、それが世界の需給関係に与える影響は大きくありません。

しかし将来の天然ガスの発見という点で同国に期待がかけられているのは業界人なら誰でも知っていることです。

BPスタティスティカル・レビューによると2009年のエジプトの原油確認埋蔵量は440万バレルです。これは世界の原油確認埋蔵量の0.3%です。

一方、2009年の天然ガスの確認埋蔵量は2.19TCMで、世界の1.2%です。しかも確認埋蔵量の増加率で言えば世界で最も急速に増加している国のひとつです。

エジプトで最も活発に石油・天然ガスの探索・生産を行っている企業はアメリカのアパッチ(APA)です。

アパッチは公認会計士事務所を経営していたレイモンド・プランクという人がはじめた独立系の石油会社で、彼は一代で同社を売上規模121億ドルの企業にまで育て上げた立志伝中の人です。

レイモンド・プランクは第二次世界大戦の時は爆撃機のパイロットとして従軍していましたが、戦争が終わってミネアポリスに帰ると友人たちと公認会計士事務所を始めます。

その税務アドバイスの一環としてリミテッド・パートナーシップを利用したワイルドキャット(野良猫的に石油を探索して回ること)のベンチャーを会計事務所の顧客にタックス・シェルターとして推奨しているうちに、「そんなに有利な投資なら、自分でやればいいじゃないか!」と言われて、「よし、それならやってやる」と言って始めたビジネスがアパッチなのです。
続きを読む