ニューヨーク・タイムズは今年3月からネット上のコンテンツに対し一部課金を開始しました。それ以降、現在までに40万人近い読者がNYタイムズのネット上のコンテンツに対してお金を払って記事を読んだのだそうです。その内訳は:

1.NYタイムズ・ドットコム・オンライン・サブスクライバー 22.4万人
2.キンドルまたはヌックでのNYタイムズ・リーダー 5.7万人
3.フォード『リンカーン』とのタイアップ・キャンペーンからのサブスクライバー 10万人
4.既存の新聞有料購買者のうちオンライン・サブスクリプション(無料)に登録した読者 75.6万人

(データ出典:雑誌『ニューヨーク』)

上記のチャンネルのうち新たな課金機会となったのは1.から3.ですが、それらのチャンネルからの売り上げは年間8000万ドルという計算になります。

同社の社内目標は来年の3月までに30万人の有料読者獲得を目指していたそうですから、その目標は既に達成したことになります。
続きを読む