中国が7月の消費者物価指数ならびに生産者物価指数を発表しました。
消費者物価指数は6月の+2.2%に対して7月は+1.8%でした。
生産者物価指数は6月の-2.1%に対して7月は-2.9%でした。
1

このことは目下中国の直面するリスクはインフレではなく、デフレであることを示唆しています。

鉱工業生産は6月の+9.5%に対して7月は+9.2%でした。
2

これは過去2年で最低です。
続きを読む