FacebookのIPOは$39で「サークル」されている模様です。
ここでの「サークル」とは「丸印をつける」という意味で、主幹事証券がIPOに応募する大口機関投資家に対して「$39で値決めしますけど、あなたはそれに異存はないですよね?」という需要の再確認の作業を指します。

FacebookのIPOの初値設定は先日$34~$38に引き上げられました。従って、このレンジの範囲外($39は当然、上に外れているわけです)で値決めしようとすれば、投資家に一言断る必要が出るのです。

Facebookが最初に初値レンジを提示したとき、$28~$35というレンジに(なんだ、えらい低いなあ)と感じた投資家が多かったです。これは後で上方修正することを前提とした初値設定だったわけで、それが$34~$38に引き上げられたのは驚くに値しません。

また今回、その改訂レンジよりさらに上の$39で需要の再確認作業に入っているのも、別にサプライズの要素は無いです。

続きを読む