ウォールストリート・ジャーナルの「スマートマネー・ドットコム」によると米国の高齢者は最近、65歳を過ぎてもなかなかリタイアしようとせず働き続ける傾向があるそうです。

労働統計局の調べでは65歳以上のアメリカ人の16.5%が雇われており、2007年の調査の15.5%より増えています。

これにはリセッション(景気後退)が関係しています。

具体的に「スマートマネー・ドットコム」の記事は以下のポイントを指摘しています:

1. 肉体的に高齢者でもこなせる職種が多くなった
2. 寿命が延びた
3. 確定給付型年金の減少
4. 社会保障の削減、退職年齢の引き上げ、メディケアのカットが予想される
5. 高齢者の学歴が高くなっており、新卒に比べて遜色ない
6. 高齢者は経験やスキルの面で新卒より有利
続きを読む