このような報道を待っていたのですが、ニューズウイークのジョン・バリーが「エジプト危機に対するホワイトハウスの対応(Inside the White House’s Egypt Scramble)」という記事を書いています。

とても臨場感溢れる素晴らしい記事なので一部紹介します。

カイロでの反政府デモが激しさを増しはじめてから、(ホワイトハウス危機管理チームは)3日間、ほとんどデスクを離れていない。

オバマ政権への政策提言をする役目を司る、彼らの上司の大きな部屋に陣取ったスタッフは今回のエジプト危機に際して米国政府がどう立ち回るべきかを刻々と微調整している。

部屋には2つのテレビが置かれており、そのひとつはCNNを、もうひとつはアル・ジャジーラを映し出している。

誰かが電子レンジでポップコーンを膨らませている。昔ならピザの配達を頼むところなのだか、9・11以降、ホワイトハウスの警備は厳重になっているので今ではテイクアウトすら頼めないのだ。

危機管理室のムードは高揚している。

若し危機管理チームの間で「賭け」をしたならば「ムバラクはリンドン・ジョンソン大統領がしたように次の選挙には立候補しないと宣言する」という方に賭けるスタッフの方が多かっただろう。

しかしテレビがムバラク大統領のスピーチを映し出し、ムバラクが頑として大統領の座を譲らない様子を見せると危機管理チームの楽観的なムードは消えた。

「うーん」

スタッフの間からは唸り声が聞こえる。
頭を振って(信じられない)というしぐさをする者も居る。

(これではカイロの市民を納得させるには十分じゃない、、、)

ムバラクの演説が終わると
危機管理チームのひとりが呟いた、、、「さあ、われわれは一体、どうすればいいんだ?」
続きを読む