ウォールストリート・ジャーナルによるとフランスの原子力大手、アレバで去年の6月までCEOを務めたアンヌ・ロベルジョンが退職金の支払いを巡って現アレバ経営陣と衝突しており、会社側が探偵を雇って彼女の行動を監視していることに抗議しているそうです。

彼女は1月16日に2時間に渡る記者会見をし、会社側を非難しました。

会見の中で最も焦点になったのは2007年のアレバによるウラミン買収が適切であったかどうかです。ウラミンはアフリカのナミビアなどにウラン鉱山を保有しています。

ウォールストリート・ジャーナルによるとウラミンはアレバから買収される1年前はロンドンのAIM市場(=小型で投機的な新興企業の上場市場)で5億ドル程度の時価総額で取引されていましたが、アレバはこれを25億ドルで買収しました。
続きを読む