よくオンライン・セミナーなどで皆さんから「広瀬サンは中国が嫌いだから、、、」というコメントを頂きます。

これは正しくない。(笑)

まず人種的な好みから言うと中国人は好きです。僕の親友には中国人が多いし、アメリカの金融業界で出会った最も尊敬する起業家/インベスターも中国人だし、だいいち中国の女の子はイケてると思います。ニューヨーカーにも相通ずるチョイ傍若無人なところもアメリカ暮らしの長い僕には感性的にぴったり来ます。

次に産業界としての中国の競争力、、、これについても中国はメチャクチャ足腰がシッカリしていると思います。コスト競争力があるばかりでなく、インフラストラクチャ回りも充実しており、物流まで含めて圧倒的だと思うわけです。

ただ中国株になると話は別です。

(2010年は中国株を買っても儲からないだろうな)と思ったけど、実際、儲からなかった。

なぜ中国株には感心しないか?

ひとつにはキャッシュフローがカツカツの会社が案外多いということ。
次に中国の企業は余剰生産能力を抱えてマージン・プレッシャーを受けているところが多いこと。普段ですらお互いの支払い条件はシビアなのに、昨今は金融引き締めで資金繰りは綱渡り状態のところも多い、、、

人口動態的には2025年にはちょうど日本の1989年頃のような人口のピーク(=老齢化の加速)を迎えるわけです。すると工場進出や店舗展開など10年単位で先行投資の採算を考えなければいけない企業の経営者の視点からすれば、もう中国へ出る事の「旬のタイミング」はとっくに過ぎているわけです。
続きを読む